政策

「改革」の思いは変わらず、
継続、進化させていきます。

4つのテーマ +1(プラスワン)を実践中

1.電車・バスなどの公共交通を誰もが使いやすく
市民の共通の足である電車・バス。エコロジーでエコノミーな鉄路のJRやIGRをもっと利用しやすくするために、駅の橋上化を促進します。【岩手飯岡駅新駅の建設促進】
2.保育所の待機児童0+放課後児童の居場所対策の充実で
子育て世代が働きやすく
待機児童0(ゼロ)対策を継続・発展させるとともに、児童センター・学童クラブの整備を進め、子どもの安全と子育て世代が働きやすい環境整備を推進します。
3.お年寄りの経験、若者の行動力、
子どもたちの夢を地域づくりに活かす
市民協働のまちづくりが進められる中、自分たちのまちは自分たちでつくる意識が高まっています。地域の声が活かされる、犯罪のない災害に強いまちづくりを推進します。
4.再生可能工ネルギーの普及促進
東日本大震災の経験から地産地消のエネルギー普及が注目されています。木質バイオマスエネルギーは森林面積が7割を占める盛岡市にとって最も身近にある再生可能エネルギーです。森林資源の活用は自然保護や雇用促進にもつながっています。
5.スポーツツーリズムの推進
2019ラグビーワールドカップや2020東京オリンピック・パラリンピックホストタウン事業、いわて盛岡シティマラソンなどのビッグイベントを、スポーツを通じた健康づくり、スポーツツーリズムの振興に活かします。【新野球場の建設】

パンフレットダウンロード

市議会レポートダウンロード